グレーゾーン金利とは

グレーゾーン金利とは、消費者金融やクレジット会社、大手デパートカードなどの貸金業者が、利息制限法の上限を超えて取り続けていた利息のことです。
言い換えると、私たち1000万人以上の日本人が知らないうちにとり続けられていた払い過ぎた利息のことをいいます。

複数の借入を抱える人や、年収の少ない専業主婦の人たちは利息の返済だけでも大変で元金を返すことが難しい人も少なくはありません。複数の消費者金融からお金を借りている方の無料相談もあります。

キャッシングを利用すると利用者は貸金業者に利息を支払わなくてはなりません。日本では、昔から利息制限法で総額10万円~100万円未満のキャッシングについては、18%以上の利息は絶対に取ってはいけないという風に定められています。が、多くの貸金業者がこの法律に違反をしていて、18%以上の利息を長年に渡って取っていたのです。

当然のことながら、裁判は起こり、最高裁判所は貸金業者は利息制限法で定められた以上の過払い金(グレーゾーン金利)をキャッシングを利用した者に返還しないといけないという判決だしました。

消費者金融などの貸金業者から違法な高金利を要求されて、それを返済し続けていたキャッシング利用者が、払い過ぎた利息を取り戻すために行う手続きのことを、過払い金返還請求手続きと呼びます。
これは裁判所も認めている、キャッシングを利用した人の当然の権利です。

一般的な消費者金融等の貸金業者の多くは、利息制限法という法律に規定されている18%の利息よりも多い29.2%もの利息を取っていることが多いです。なので、今までに払い過ぎた11.2%の利息を消費者金融などから返還してもらったり、現在ある借金の元本に充当して、借金の減額をしてもらるという手続きが可能となっています。

このような、グレーゾーン金利を取っている悪徳金融業者はまだまだあります。

悪徳業者に引っ掛からないように、お金を借りるときにはひとつひとつ情報を正しく知ることも大事ですし、やはり大手銀行系の金融会社で借りるとか、大手の消費者金融で借りるとかをするほうがいくらも安全で安心してお金を借りることができます。
今すぐお金が必要な場合にはこういったところが安心で安全だと思いますね。
こちら

最近ニュースなどで話題になっている、出資法のグレーゾーン金利というのは、上記の11.2%の利息のことです。長期に返済を続けてきたのですが、払い過ぎた利息を100万円以上も取り戻す場合もあります。

キャッシングを完済している人にとると、過払い金返還請求手続きを行うことにデメリットはないです。簡単に誰にも知られることなく払い過ぎたお権を取り戻すことができるので請求手続きをすることをお勧めします。

 

 

今後の収入と貯金の改善&防犯対策

私は今貯金があまりできなくて困っております。
私の収入は新入社員の時に比べて、会社の景気が悪くなったこともあり、下がっております。
現在31歳にもなり、子供はいませんが結婚しております。
現在の収入で生活は出来ておりますが、貯金があまり出来ていない為、子供を作るのに少しためらっております。
出来ることなら貯金をもう少し増やし、今後も徐々に貯金出来る状況を作って、早く子供がほしいと考えております。
また私の両親は良いですが、妻の両親の今後の生活を見ないといけない日が来ると思います。
子供、妻両親の為に今後貯金と収入をなんとか増やしたいと思っております。

現状私が考えている収入の増やす方法は大きく3つ考えております。
まずは現状の会社でなんとか売り上げを伸ばして給与を上げてもらうことです。
しかし現状の職場は皆仕事としては頑張っておりますが、会社としてはの売り上げは伸び悩んでいる為、今後もしばらく給与が増えることは難しい現状です。
次に転職し、今よりも給与が良い所で働くことです。
転職先はまだ見つかってはおりませんが、選考資料を送ったりして機会があれば転職を考えております。
3つ目は副業等で本業とは違う所から収益を得ることです。
現状は少しFXをやっている為、それをもう少し本格的に考えていこうとも思っております。
他にはブログがある為、ブログでの収入も考えております。
ただFXは現状プラスにはなっていますが、安定した収入とはまだなっておりません。
またブログも現状の収入はまだまだ少なく、頼れる金額にはまだほど遠いのが現状です。

貯金を増やすことに関しては現在妻も新たな所で働き出し、その分を極力貯金に回すようにし出しております。
今後子供を作ることも考えておりますので、それまでの間働いてもらい、貯金の手助けをしてもらいます。
子供が出来たらその間は働けなくなってしまう為、それまでには私の収入をなんとかするようにしていきたいです。

また、防犯対策として家にホームセキュリティを着けたいと考えてもいるので、その費用も貯めないといけません。

大人でも簡単に殺されてしまうこの世の中。とても怖く感じます。それが子供が出来た時、もっと注意が必要となってくるわけです。

その一つの防犯対策として・・・

ホームセキュリティだとどこの会社が良いのか調べてみると、やはりCMでも有名なアルソックが人気でしたね。

アルソックホームセキュリティで防犯対策

妻ともう少し相談して決定しようと思います。

最近殺人事件のニュースがとても多いですよね”(-“”-)”人の命を軽く考え過ぎな人が多すぎて悲しくなっちゃいますよね。。。

 

 

新生銀行カードローンレイク

最近テレビ広告できっとご存知の新生銀行のサービスであるレイクを申し込む場合、パソコンをはじめ、スマホを使って申し込んでいただいても店舗に行かずに、うまくいけば当日にお金を手にすることができる即日キャッシングも取り扱い可能です。

ネットで申し込んでその日のうちに融資が受けられるなんて一昔前では考えられないことですよね。

ポイントになるのは、借り入れの目的が誰にも縛られず、貸し付ける際の担保になるものや万一のための保証人などの準備が必要ないけれども、現金で借りることができるるのです。レイクの即日キャッシングの場合ですと、いつも使っている銀行口座に振り込んでもらえるわけですので、現金をすぐに手にするとはちょっと意味合いが違うかもですね。
レイクを利用するにしても審査をしなければなりませんが、今時点ですぐに必要な金額が10万円だったとします。でも、融資の申し込みをした本人の信用情報が優れていれば、勝ったに100万円であったり150万円といったような高額な融資枠を付与されます。
ただ、高額な融資枠を付与されたからと言って、その金額を借りなければいけないというわけではありません。その融資枠の範囲内で必要な金額だけ借りればいいというわけです。
新生銀行のレイクですと、ランチの前にカードローンを新規に申し込んで、審査結果が問題なければ、なんとその日の午後には、カードローンからの希望通りの融資が可能な流れになっています。

融資のための審査は、キャッシングならどれを利用して融資を受けるのであっても必要とされています。申込者の現況や記録を、もれなくキャッシング会社に公開する必要があって、そしてそれらの現況を使って、希望どおりになるかどうかの審査をやっているのです。
新生銀行のレイクを利用する大きなメリットとして無利息サービスを受けることができるということだと思います。もちろん先ほど解説していた即日融資を受けられるということも大きなメリットではあるんですけどね。

即日融資を受けることができる消費者金融はレイク以外にもありますし、無利息ローンのある消費者金融もレイク以外にもあります。

ただ、レイクの無利息ローンは他の無利息ローンよりもかなり内容が優れているという事実があります。無利息ローンというのは一定期間利息を支払わなくてもいいというわけですので、何よりもお得ですからね。

ちなみに、無利息ローンといってもいつまでも利息を支払わなくてもいいというものではありません。一定期間は利息を支払わなくてもいいけど、一定期間を過ぎれば利息を支払わなければなりません。

レイクの場合ですと、契約額1~200万円の借り入れの方で初めてレイクを利用するという方を対象として、借入額のうち5万円まで180日間無利息、借入額のうち全額を30日間無利息というように2種類も用意されているのです。

30日間無利息というのは他の消費者金融でもよくありますよね。アコムやプロミスも30日間無利息のキャンペーンをしていたりします。

しかし、もう一つの5万円までですが180日間無利息というのはなかなか見かけないかと思います。180日といえば6か月ってことですからね。すごい長い間利息0円で利用数rことができるということです。

こういう無利息ローンが用意されているところからも、新生銀行レイクでお金を借りるというメリットはかなり大きいのではないかと思いますね。

あと、レイクのメリットといえば新生銀行という銀行が発売されているカードローンなので、総量規制の対象外となり専業主婦の方でも利用できます。ここではそのことについて詳しく触れませんので、気になる方はこちらをご覧下さい。⇒レイク主婦

 

新規のキャッシング審査では、年間収入が何円なのかということや、勤務している年数の長さなどを特に注目しているわけです。今日までにキャッシングの返済が大幅に滞ってしまった…これらはひとつ残らず、プロであるキャッシング会社には記録が残されていることがほとんどですから申込は正直に。

日数がたたないうちに、あまたの銀行やカードローン会社などに、連続して新しくキャッシングの申込がされているようなというようなケースの場合、不足している資金の調達にどこでも借金を申し込んでいるような、不安を与えてしまうので、審査結果を出すときに不利になります。

申込先によって、融資の条件として指定時刻までに所定の手続きが完了の場合限定、なんていろいろと条件として提示されているのです。なんとしても即日融資が希望ならば、申込の一つの条件の時刻も重要なので注意が必要です。

決められた日数までは無利息でOKの、即日キャッシングをやってる会社をちゃんと計算して使うことができれば、設定されている金利にあれこれと悩むことなく、キャッシングで借り入れ可能なので、気軽にキャッシングしていただけるキャッシング商品だと言えます。

レイクのようにインターネット環境が整っていれば、消費者金融による便利な即日融資で融資してもらえる、可能性が確実ではないけれどあります。

あえてこんな言い回しを使うのは、必要な審査があるので、その審査にパスしたら、即日融資を受けられるという意味なのです。

融資を申し込んだ方が本当に返せる人間に間違いないかというポイントについて審査して結論を出しているのです。契約のとおりに借りたお金を返す可能性が非常に高いと裁定されたケース、これに限って利用を申し込んだキャッシング会社は貸付を認めてくれるわけです。

ですので、消費者金融はたくさんありますが、利便性などからもレイクのように大手の消費者金融を選ぶようにしましょう。

審査を通過しやすいカードローン

負債が増加してどの会社からも融資をしてもらえない方は、今あなたが見ているサイトの消費者金融キャッシング会社を一覧にまとめた記事の特集から依頼してみたら、他社で却下された融資ができる場合も十分あり得ますので、検討するのも悪くないでしょう。
借金先を選択してから投稿されている口コミを眺めると、そこの消費者金融会社へ行きやすいか行きにくいかなどの点も、よくわかって嬉しいです。
破産した方やブラックの方で、審査基準の低い消費者金融業者が必要なら、比較的規模の小さい消費者金融業者にトライしてみるという方法もあります。消費者金融会社の一覧表に掲載されています。
口コミサイトを念入りに見ていくと、審査全般についての情報などを口コミと一緒に明らかにしていることがしばしばありますので、消費者金融で受ける審査の情報が気がかりだという人は、見ておくことをお勧めします。
規模の大きい消費者金融会社においては、リボ払いサービスを使った際、年利を計算すると15%~18%と思いのほか高くなるので、審査を通過しやすいカードローンなどを上手に利用した方が、お得なのは明らかです。

 

一週間の期限内に完全に返済できれば、繰り返し無利息で利用できる消費者金融も実際にあります。一週間という短期間ですが、完済する当てがある場合は、非常にお得だと思います。
お金が入用で、それに加えて借りてすぐに返済できるようなキャッシングであれば、消費者金融が扱う低金利と言うより無利息の商品の上手な活用も、かなり有用なものになるのです。
お金を貸してもらう前に、近くにいる人々からいろいろ聞いたりすることもしないだろうと思われますので、安心して利用できる消費者金融業者を探し出すには、色々な口コミのデータをメインとするのが理想的ではないでしょうか。
限度額や金利、更に審査にかかる時間など種々の比較の必要な項目が挙げられますが、ありのままに言うと、消費者金融業者間においての融資金利や借入限度額の差自体は、今となってはおおむね認識されないものと考えていいでしょう。
急にお金が必要な人のための即日融資をしてくれる消費者金融の場合、貸し付けの審査をクリアすれば、すぐにでもお金を手にすることができます。即日融資に対応してもらえるのは心の底から助かるのでありがたいですね。

 

ローン会社ごとの金利に関する情報が、丁寧に編集されている様々な消費者金融会社に関しての比較サイトもいくらでもあります。借入に際して金利は重要なポイントなので、きちんと比較しなければなりません。
生涯で一番大きな買い物である住宅ローンやカーローンなどと単純に比較したら、消費者金融会社から受ける借入は、金利が高く設定されているような印象を受ける人は多いかと思いますが、実はそんなに差はありません。
平均的な消費者金融業者の場合ですと、設けられている無利息期間はいいところで1週間程度であるのに対し、プロミスは新規申込時に最大30日、無利息という夢のような金利でキャッシングを受けることができるというわけです。
ネット上でも多くの消費者金融を比較したサイトが存在していて、主要なものとして下限金利、借入限度額などの情報を軸に、人気順のランキングという形で比較し紹介しているところが多く見られます。
原則として、名高い消費者金融においては、年収額の3分の1を超える債務があれば、カードの審査で良い結果を得ることはまずないですし、借金の件数が3件以上という時も同じことです。